9/20 アルミフラット見切りについて補足です

こんにちは!

昨晩は中秋の名月ということでしたが、わたくしはすっかり見逃してしまいました……。

ちょとくらい欠けてもわからないだろうと思うので、今日月を楽しみたいと思います!



さて、一昨日の記事でアルミフラット見切りについてご紹介しましたが、

本日は2つほど
(書き忘れていたことを)補足をしたいと思います。



その1



アルミの見切りはとても固いので、切断が大変です。

入隅、出隅の処理には注意が必要です。

留目加工をするときには、サッシャーなど専用の道具の使用をお奨めします。

弊社の男性社員が丸ノコで留目加工に挑戦したところ、失敗したそうです。

ましてや手作業の場合は、恐らく不可能かと思われます。





DIYで施工するには、突付けでの施工をお勧めします。











その2

フラット見切りは、G-LOC FLOORINGを広い面積で施工する際のジョイントとして使用できます。

長手方向に7m以上施工する場合は、温度変化による突き上げを防ぐために

フラット見切りでジョイントをしてください。



 受け座を固定し、G-LOC FLOORINGを敷き詰め、


 カバーをはめれば完成です。





以上補足でございました(*^-^*)

コメント