引き戸の歪みが気になったら…戸車の調整方法


こんにちは!
今回は室内引き戸のメンテナンスについてご紹介します。
お施主様でもできる簡単な調整方法です。
もし気になる箇所があれば、ぜひ挑戦してみてください♪

引き戸の調整方法

こんな症状が現れたら調整しましょう

日本の室内ドアは、現在も引き戸タイプが人気です。
開け閉めのスペースが少なくて済むので、
コンパクトな住まいが多い日本では、大変合理的ですね。
弊社の室内ドアシリーズでも、引き戸タイプのご注文をたくさんいただいております。

そんな引き戸ですが、こんな症状が現れることも…。

・スムーズに開け閉めがしにくい
・閉め切っても隙間が見える
・ドアが傾いている

弊社事務所の引き戸も、このような状態になってしまいました。



ドアが傾いて、上の方は隙間が空いてしまっています。
原因は施工時の採寸だったり、ドア自体の経年変化だったり様々ですが、
少しの歪みでしたらドライバー1本で調整が可能です。

さっそく戸車を調整!

今回の場合、ドアの左側が下がってしまっている状態です。
少し左側を引き上げれば、隙間も解消するはずです。

弊社の引き戸は上吊り式になっており、上両端に戸車があります。
この戸車には調整用のビスが付いており、


ここをドライバーで回すことで調整が可能です。
今回はドアを引き上げたいので、上下の調整ビスを右に回します。





ぴったり、隙間がなくなりました!



まとめ

弊社の引き戸をお使いいただいている方は、ぜひお試しください(*^^*)

また、引き戸に限らずドアの部品が壊れてしまった…
というようなお問い合わせも時折頂いております。
パーツ単位での販売も個別に対応させていただいております。
お気軽に弊社営業マンや、お問い合わせフォームからご相談くださいませ。

▼お問い合わせ窓口はこちら



コメント