Kwiksetからシンプル&スタイリッシュなドアハンドルシリーズが登場です!

こんにちは!今回はアメリカのハンドルメーカーKwikset(クイックセット)社から、新商品のご案内です。
すっきりとしたラインが特徴の「Kwikset コンテンポラリースタイル」シリーズが2月1日(月)より発売となります。
現代の住宅に馴染むシンプルなデザインは、日本の住宅にも馴染むはず。
こちらのブログでカタログダウンロードもいただけますので、ぜひ最後までお読みください。

現代的な美しさを追求したミニマルデザインのドアハンドル

長年愛されてきたKwikset社から新たなご提案

Kwiksetのドアハンドルは日本にはないデザインとお求めやすい価格で長年愛されてきました。

弊社でもかれこれ25年ほど前から販売させていただいており、ハンドルやパーツを交換しながら長期でお使いいただいている方も多いのではないでしょうか。


従来のクイックセット(一部)


そんなKwiksetから、これまでのデザインとは一線を画した新シリーズが登場しました。

それが、「Kwikset コンテンポラリースタイル」シリーズです。


「Kwikset コンテンポラリースタイル」の特徴

今回登場した「Kwikset コンテンポラリースタイル」は、すっきりしたラインとシャープなエッジが効いたミニマルデザイン。



モダンでスタイリッシュなインテリアにも違和感なくなじみます。

シンプルな印象ですが、台座と持ち手のバランス感など、日本ではなかなか見つけられないデザインです。

インテリアにさりげなく個性を演出してくれる、そんなドアハンドルではないでしょうか。



ドア加工は変わりません

合理的!アメリカ製ハンドルの特徴

Kwiksetをはじめとしたアメリカ製のハンドルの特徴として、「ドアへの穴加工はどのメーカーもほとんど一緒」、という特徴があります。

ドア加工図。様々なメーカーで共通です。


日本ではメーカーやシリーズごとにドアへの加工は全く異なります。

つまり、使っているハンドルが壊れてしまったときは、メーカーや型番を調べてそれに合うハンドルを探さなければなりません。

その点、アメリカ製のハンドルは加工がほとんど一緒なので、違うメーカーのものでも取り付け可能なことが多いです。ハンドルが壊れてしまった、デザインを変えたい…そんなときに手軽に交換できる、アメリカらしい合理性です。


従来品からの取り換えも可能です。

今回発売される「Kwikset コンテンポラリースタイル」も、その特徴を引き継いでいます。

従来デザインのKwiksetをお使いの場合も、「Kwikset コンテンポラリースタイル」に交換可能です。

(*内部パーツは異なるため、ラッチなどの部品は互換性が無い場合がございます)

ハンドルを変えるだけで、ドアの印象はガラリと変わるはずです。ぜひ、お試しください。


製品概要・カタログダウンロード

2021年2月1日(月)発売予定

今回ご紹介した「Kwikset コンテンポラリースタイル」は2月1日(月)の発売を予定しております。4タイプを取り揃えましたので、お好みのデザインを見つけてください。


サテンニッケル マットブラック
Halifax
ハリファックス
Lisbon
リスボン
Montreal
モントリオール
Pismo
ピスモ

価格や詳細はカタログダウンロードからご覧ください



お問い合わせはこちら!

カタログ、お見積もりのご依頼・お問い合わせは下記フォームよりお気軽にお寄せくください。


フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。