9/10 G-LOC FLOORINGと塩ビ段差見切り

だいぶ間が空いてしまいましたが、本日はG-LOC FLOORING専用の塩ビ段差見切りの施工をご紹介したいと思います。

今回は2階の階段上の廊下にG-LOC FLOORINGを敷きました。
G-LOC FLOORINGをそのまま敷くと、断面がむき出しになって少しカッコ悪いですよね。

そこで……段差見切りを使います。




ではさっそく、施工してゆきます!



1.必要な長さに測り、カットする。









大きめのハサミでカットできます。




2.受け座を必要箇所に固定する。







受け座の裏側に両面テープが付いています。めくって、受け座を固定します。

両面テープは意外と粘着力が強いです。しっかりと狙いを定めてください。



3.G-LOC FLOORINGをラインに沿っておいていく






G-LOC FLOORINGの間に5㎜程度の隙間を空けるため、
受け座のラインに沿ってG-LOCを置いてゆきます。

G-LOC FLOORINGはビニールタイルなので、施工後の温度変化によって伸縮します。
壁にピッタリ施工すると、突き上げや実が外れる原因となります。
必ず、5mm程度の隙間をあけて施工してください。

ここでは使いませんでしたが、G-LOC FLOORINGを敷いていくうちにずれてくる可能性があるので、
スペーサーとなるものを挟むとラクラク施工できます。



4.カバーをはめる





手の腹でぐっと押し込んでください。

ここが一番苦労しました。意外と力が必要です。



5.完成!
 G-LOC FLOORING E-03 × 塩ビ段差見切り グレー

 G-LOC FLOORING E-03 × 塩ビ段差見切り グレー[/caption]





つまづく心配がなくなって、軽やかに階段を登れそうな気がします。



コメント