トイレのドアが開かない!? クイックセットをインロックしてしまったときの解除方法


こんにちは!
今回は人気の輸入ハンドル、Kwikset(クイックセット)についてです。

クイックセットは室内外様々な場所にお使いいただけるよう種類を取り揃えております。
トイレやプライベート空間など、鍵をかけたい場所にも対応できるよう
プライベートロック機能(内締錠)付のハンドルもご用意しています。

ただ、ごくまれにこんなトラブルも発生してしまうことがあります…

トイレのドアが開きません!


トイレに入ろうと思ったら鍵が開かない!かなりの緊急事態です。

原因は誤操作や衝撃など

原因は、開錠施錠のつまみを90度廻しきっておらず、45度くらいでドアをバタン!と
閉めて逆にロック側に廻ってしまった場合がほとんどのようです。

そんなときは外側からロック解除が可能です


クイックセットのプライベートロック付ハンドルは、外側に小さな穴が空いていて、
ここからロック解除が可能です。

ロック解除の方法

① 付属のエマージェンシーキーを使う

プライベートロック付のハンドルには標準でエマージェンシーキーが付属しています。


このエマージェンシーキーをハンドルの中心の穴に差し込んで、時計回りに90度回します。
穴が小さいので奥まで差し込むのが少し難しいですが、
まっすぐ奥までさしこみ、回したときにカチっと感触があれば解除完了です。



ただ、このエマージェンシーは大変小さい部品なので、失くしてしまう場合も…
そんな方のために単品でも販売しておりますが、

緊急の場合は届くまで何日も待っていられない!という方も多いはず。
そんなときは、

② 市販の精密ドライバーでも代用できます!

ホームセンターや100円ショップで手に入る精密ドライバーをご使用ください。
先端が2~3㎜で、長さが4cm程度あるものが良いです。



エマージェンシーキーと同様に、穴に差し込んで回します。
持ち手がしっかりしている分、エマージェンシーキーよりも作業がしやすい印象です(笑)

動画でもおさらいできます


まとめ

いかがでしたか?
イザという緊急事態に、少しでもご参考になれば幸いです。

▼エマージェンシーキーの単品購入はこちら


▼クイックセットのラインナップはこちら




コメント