MARVIN ダブルハングCDHの交換用サッシュが廃盤になります!

今回は長くご愛用頂いている輸入サッシ「MARVIN」についてのお知らせです。
MARVIN製品の定番アイテム、ダブルハングの古いバージョンの交換用サッシュが廃盤になります。
輸入住宅と共に普及し、たくさんの方にご愛用頂いている製品ですので、大変心苦しく思います。
そんなCDHの見分け方やお問い合わせ方法など、ご案内させていただきます。
お使いのサッシを今一度ご確認いただけますと幸いです。

MARVINの定番ダブルハング

定番アイテムの上げ下げ窓

MARVINはアメリカで生まれたサッシメーカーです。

日本では20~30年前の輸入住宅ブームで、弊社でも多数販売させていただきました。

木製の温かみ、当時では随一であった気密性・断熱性などの機能性で、今日に至るまで幅広くご愛用頂いております。


ダブルハングとは、輸入サッシで定番の上げ下げ窓のこと。ダブルハングが家についていると、一気に海外の雰囲気になりますね。


1998年頃まで製造されていたCDH交換用サッシュが8/29で受注停止!

今回廃盤になったのは、1998年頃までに製造されていた「CDH」という型番で呼ばれる旧クラッドダブルハングです。



このころは輸入住宅全盛期であり、このタイプをお使いになっている方も多くいらっしゃるかと思います。

しかし、このタイプの交換用サッシュが2021年8月29日で注文受付停止となってしまいました。また、他のパーツについても、在庫限り・値上げとなるようです。

サッシの劣化が気になる、パーツの交換をご検討の方はお早めにお問い合わせください。


木やパッキンが劣化している例も…

CDHは室外側がアルミ・室内側は木製で製造されています。

木製ならではの温かみがある一方、紫外線や湿気で木部分が劣化してしまっている現場も多いようです。


このような場合は、既存枠は残して交換用サッシュ(障子)のみをご注文いただけておりましたが、2021年8月29日で注文受付停止となってしまいます。

また、気密性を守るために樹脂製のパッキンが回されており、こちらも劣化しがちです。

放置しておくとさらに腐食が進んでしまうこともあり、交換できるパーツは今のうちに交換することをお勧めしています。


お問い合わせの際はなるべく詳しい情報を!

お見積もりのご依頼はご購入時期・サイズ・写真をお送りください

輸入住宅全盛のころは様々な輸入サッシが使用されておりました。

MARVINに似ているけど別メーカーのサッシということも良くあります。

また、年代によってサッシュのマイナ―チェンジも行われています。

メーカーや年代が違うとサッシュやパーツの互換性がなくなるため、サッシの特定は慎重に行う必要があります。

そこで、お問い合わせの際はぜひできる限り詳細な情報をお知らせください。

特定のポイントは3つあります。


① お写真をお送りください

製品の特長になるお写真をお送りください。


外観



内観



ロック部分



MARVINサッシはロック部分や金物で特定できる場合が多いです。

CDHの場合は、こんなロックになっています。

② ご購入時期をお知らせください

ご購入時期で、MARVIN社製品かどうか判断できる場合があります。

また、弊社からご購入いただいた場合は弊社の履歴から判別できる場合もございます。

ご購入または施工時期をできるだけ詳しく教えてください。

(年・月までお送りいただけると最高です!)


③ ガラス部分のサイズをお知らせください

サッシのサイズによってお見積もり価格が変動します。

MARVINのサイズ規格に当て嵌まっているかどうか調査することもできますので、実際に計測した詳しいサイズをお知らせください。

計測をお願いしたいのは、ガラス部分のサイズです。


サイズが異なると、交換もできなくなってしまいますので、これはぜひ慎重に計測をお願いいたします!


交換作業は?

サッシュ(障子)の交換方法は意外と簡単です

CDHのサッシュ(障子)交換には特に工具は不要です。

ジャムライナー(両脇の溝部分)を手で押さえ、サッシュを手前に倒す形で取り外し可能です。ジャムライナーが固く、力作業になることもありますが、慎重に作業してください。


新しいサッシュ(障子)は木部が無塗装の状態で入荷しますので、ペンキで塗装してからお使いください。


パッキン交換も可能です

気密を守るパッキン材は、多くの場合簡単に交換可能です。

溝に差し込まれているパッキンを外して、新しく差し込むだけ。



多くのパッキンは大きなはさみやカッターでカットすることができます。


作業・工事などはお客様にてご手配ください

弊社では、原則として材料供給のみとさせて頂いており、施工業者様のご紹介は行っておりません。

ご自身での作業・工事が難しい場合は、お近くの施工業者様にご相談くださいますようお願い申し上げます。

サッシュ交換や、パッキン交換などはお住まいのお客様でも作業可能かと思いますので、ぜひ挑戦してみてください。


納期は7~8ヶ月必要です

新型コロナウイルス感染症の影響で、MARVIN社での製造や、コンテナの輸送に大変お時間がかかっています。

現在、MARVIN社製品は7~8ヶ月程度の納期をいただいております。

大変お待たせしてしまいますが、ご了承のほど何卒宜しくお願い申し上げます。


ご用意できない場合もございます

欧米では、パーツを交換しながら、家を長く大切に使っていく文化があります。

MARVIN社でも、古いサッシでもパーツや交換用サッシュを用意してきておりましたが、保管や製造も限界があり、やはり古いものほどメンテ品を含めどんどん廃番になってしまっております。

製品によっては交換品や代替品のご用意が難しい場合もございますので、ご了承いただきますようお願い申し上げます。


受注期間が過ぎてしまったら?

残念ながら受注期間が過ぎてしまった、パーツがなくなってしまった場合、どうしたら良いのでしょうか?

パーツが無いからと言って放置していると、家全体の劣化にもつながりかねません。

方法をいくつかご紹介させていただきます。


★インサートダブルハング

既存の枠の中に取り付けが可能なインサートダブルハングという製品もあります。

枠に大きな劣化が無いようでしたら、こちらの方法も良いですね!

少々特殊なものになりますので、ご検討の際はお問い合わせください。


★枠を壊して新しくサッシを取り付ける

全く新しいサッシを取り付けてしまうのもひとつの方法です。

外壁に手を加える必要があったり、大掛かりな工事になっていまいますが、好きなサッシを選べるところがメリットです。

新しくMARVIN社製サッシを取り付けても良いですし、なかなかお手入れが難しい場合は国産の機能性重視のサッシも選択肢に入ってくるかもしれません。


お問い合わせはお早めに

いかがでしたか?

年々パーツが廃盤になってきており、大変心苦しく思っております。

こだわりの輸入サッシが少しでも長くご愛用頂けますよう、おうちのサッシの状態をチェックしてみていただけますと幸いです。

交換用サッシュ・パーツのお問い合わせなどは、下記に必要事項をご記入の上お問い合わせくださいませ。


CDHのサッシュ交換は、お盆明けまでにはお問い合わせください

サッシの特定・お見積もりなどは、確認事項が細かく、お客様とのやり取りを含めてお時間をいただいております。

8月29日までの受注締め切りに間に合うよう、遅くともお盆明けまでにはお問い合わせいただけますと幸いです。

製品の特定後、お見積もりをさせていただき、ご入金をもってご注文確定とさせていただいております。(ここまでの作業を8月29日までに行う必要がありますため、余裕をもってお問い合わせください)


フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。