壁紙にホコリが付きにくいのは?ビニールクロスとエコフリースで性能比較してみました。

いつのまにか、壁にうっすらホコリが付いて黒ずんでいる・・・そんな経験はないでしょうか?
家電の裏や旧排気口の周りなど、壁の黒ずみに悩まれる方も多いのではないでしょうか。
そんなホコリの悩みに、ナガイのフリース壁紙「eterno」シリーズがお応えします!
ホコリを寄せ付けず、日々のお手入れをちょっと楽にしてくれる、そんな壁紙をご紹介します!

なぜ、壁にホコリが?

静電気がホコリを寄せ付けてしまう

お部屋の中には、常に空気が流れています。

家の中は、風が吹くだけでも壁との摩擦によって静電気が起きています。

この静電気が、壁にホコリを吸い寄せてしまうんです。

テレビの裏側や排気口のまわりなどが、いつの間にか黒ずんでいた!そんな経験はないでしょうか? 

これも静電気によって吸い寄せられたホコリが原因なんです。

家電など静電気が発生しやすい場所、空気があつまる場所などは特に注意が必要です!


いつの間にかホコリの黒ずみが・・・


ビニールクロスは静電気が発生しやすい?

ホコリが溜まりやすい場所を思い浮かべてみてください。

テレビや時計、エアコンなど、プラスチック製品にホコリが溜まっているイメージはないでしょうか?

プラスチックは電気を通さない絶縁体であり、発生した電気を長く留めてしまうためです。

日本で多く使われているビニールクロスは塩ビ(PVC)が使用されており、実は静電気を発生させやすい壁紙と言えます。


ビニールクロスとエコフリースを比較してみた!

フリース壁紙の帯電性は?

エコフリースをはじめとするeternoシリーズは、パルプを主原料としています。

塩ビと比較すると、パルプは静電気が発生しにくい材料なんです。

静電気が発生しにくいということは、ホコリも寄せ付けにくい、ということ。

日々のお手入れにも嬉しい情報です!


実際に比較実験を行いました

では、本当にホコリを寄せ付けにくいのか?実際に帯電性を比較してみました。

繊維の研究機関に、帯電性の試験を依頼。

今回は「エコフリース」と多機能性壁紙「レミリア」、一般的なビニール壁紙を試験しました。

エコフリース、レミリア、ビニール壁紙


一目瞭然の結果が!

JIS L 1904:2014 帯電性試験方法 7.2 B法(摩擦耐電圧測定法)に基づき試験を実施

一般的なビニールクロスの帯電性が1800~1900のところ、レミリアは440~540、エコフリースが210という結果に。

試験結果からも、フリース壁紙がホコリを寄せ付けにくい、ということがわかりました!


弊社事務所のテレビの裏。レミリアが貼ってありますが、黒ずみもなくスッキリしています


普段のお掃除をちょっとだけ楽に♪

壁のお掃除はたまにでOK

普段、壁の汚れを気にしなくていいのは、eternoシリーズの魅力です。

とはいえ、まったく帯電しないわけではありませんので、気になる部分はときおりお手入れをしてください。

ハンディモップなどを軽くかけるだけで十分です


汚れてしまっても、水拭きOKです

エコフリースをはじめとするeternoシリーズは、水拭きできる壁紙です。

普紙クロスなど自然素材を主成分にした壁紙は水拭きNGなことも多いですが、eternoシリーズは耐久性の高さが特徴の一つ。

頑固な汚れが付いてしまった場合は、水拭きなどでお手入れしましょう。


お手入れハンドブックをダウンロードいただけます

いかがでしたか?

ほかにも、しつこい汚れの対処方法など、普段のお手入れ方法をまとめたQ&Aハンドブックをご用意しております。

お手入れについて疑問などありましたら、ぜひダウンロードしてご覧ください。

また、ほかにもお問い合わせなどありましたらお気軽にお寄せください。


フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。

恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。