施工後のお悩みも解決!エコフリース補修Q&A【ダウンロード資料アリ】


こんにちは!今回は当社のフリース壁紙について多くご質問いただく「補修方法」がテーマです。
ナガイのフリース壁紙はビニールクロスと同様の補修に加えて、
フリース壁紙ならではの補修方法がございます。
シチュエーションに合わせた補修方法のダウンロード資料もご用意!
ぜひ最後までご覧ください。

フリース壁紙の補修方法は?

メンテナンス性の良さもフリース壁紙の魅力

施工後のメンテナンス性も良く、張り替えることなく長くお使いいただける壁紙です。

しかし、ビニールクロスとは異なる壁紙のため補修が必要になった場合の対処が不安な方もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は当社フリース壁紙の補修方法を、シチュエーションに合わせたQ&Aでご紹介したいと思います。

よくあるお問い合わせをご紹介


小さなへこみや傷ができたらどうするの?
水分を含ませ、壁紙を膨らませることで補修します。 ナガイのフリース壁紙はパルプを主原料としているため、水分で膨らむ特性があります。 壁紙でありながら無垢の床のような補修が可能です。


パッチワーク(切り張り)は可能?
可能です。 フリースが2層構造になっているため、表の塗装面のみ剥がすことで 下地を傷つけることなくパッチワークができます。


自分たちで重ね塗りするのは難しい?
塗装が初めての方でも簡単に重ね塗りができます。工場で塗装された壁紙のため、下塗りの必要もありません。塗料によっては一度塗りで仕上がりますので、DIY感覚で塗装が可能な壁紙です。

さらに疑問点をまとめたQ&A資料をプレゼント中!

Q&A資料ではほかにもよくあるお問い合わせをご紹介

ダウンロード資料では更に詳しく補修パターンを掲載しております!

・シワがよってしまったときは?
・落ちない汚れはどうしたらいいの?
・全体が汚れてきてしまったら?
・それぞれの補修方法 ・・・などなど

ぜひ、ご検討材料のひとつとして、ご一読いただけますと幸いです。


フォームが表示されるまでしばらくお待ち下さい。
恐れ入りますが、しばらくお待ちいただいてもフォームが表示されない場合は、こちらまでお問い合わせください。

関連リンク






コメント