ノックダウンドアにクイックセットを取り付ける場合の注意点


弊社の木製ドア イーストノックダウンシリーズに
輸入ハンドルのクイックセットという組み合わせは
オシャレな外観から非常に人気です!
しかし、ノックダウンシリーズにクイックセットを取り付ける場合は
現場にてひと手間作業いただく必要がございます。

丸い角を四角い角に

お届け時は、掘り込み加工の角が丸い

木製ドアは、ご注文をいただいてから1本1本加工をしております。
だからこそ、標準ハンドルではなくクイックセットを取り付けたい、というご要望にもお応えできております!
しかし、ひとつ問題が…
それは、ハンドル用の掘り込み加工は機械で行っているということ…
刃が回転することで木を削るような仕組みのマシンを使っておりまして、
特性上、完璧な直角の掘り込みを行うことができず、丸みを帯びた加工になります。



そのため、納品時はこのような加工になっております。



ここでクイックセットの形を見てみましょう。


ドアの方の掘り込みは丸みを帯びていますが、
そこにはめ込むクイックセットのプレートは直角です

そのままだと、取り付けることができません…

現場にて、最後の仕上げをお願いいたします

このため、角取りを現場にて行っていただくようお願いしております。
(大変お手数をおかけいたします…)

まず鉛筆などで角のガイドを取っていただき…



プロの方でしたら、ノミを使っていただくのが一番スピーディーです。



意外と、カッターナイフでも綺麗に角を落とすことができます。


まとめ

大変お手数をおかけして恐縮ではございますが、
ご理解とご協力のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

クイックセットの取り付けについては、下記ページでもご紹介しております。



木製ドア+クイックセット他ハンドルの組み合わせシミュレーションもございます。
ぜひお好みの組み合わせを見つけてくださいね!



コメント