3次元調整ヒンジとは…?


こんにちは!いよいよGWですね。
もしかしたらもうGW真っ最中という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんなGW間近の昨日、春の眠気を紛らわせるために(嘘です)松尾倉庫まで行ってきました。

何用だったかと申しますと、室内ドア用の3次元ヒンジの交換方法を写真に収めに行っていました。
せっかくですのでブログでもご紹介したいと思います。


こちら、松尾倉庫の事務所のドアです。(この先には休憩室があります)


このように、90度ドアを開きます。(枠に当たらないように)



そのまま持ち上げますと……


ドアが外れます。



カバーを外すと何やらメカニカルな部分が顔を出します。



白丸で囲った部分のビスを外すと、ラッチを外すことができます。
赤丸で囲った部分のビスを回すことによって、位置を微調整することができます。




ちなみに、再びドアを枠に収める場合には、
下から軸をたたいておくと、作業が易しくなります。









PS.

松尾の倉庫にはこんなものが・・・・・・




風船の・・・カラスです・・・・・・



後から聞いたところ、鳩よけだそうですが・・・。
正直、本物の鳩よりもこっちの方が不気味だなと思ったのは内緒であります。

コメント